福岡・佐賀民医連

見出し

HOME >>  新着情報

新着情報

2014年7月10日木曜日

離島の地域医療体験in奄美が開催されました☆

離島の地域医療体験in奄美が開催されました☆
~みんいれん九州沖縄新入生歓迎企画~
 
5月31日~6月1日にかけて開催されたこの企画に47人が参加、
病院スタッフはじめ、医師4人、医学生29人、学生の多くは1年生でした(^-^)
 
企画の内容をご紹介します~(ノ´▽`)
加計呂麻島のビーチでジャーンプ!



 
 
 
奄美医療生協の理事長 樫田祐一医師のお話
~奄美での医療活動と今後の展望について~
 
学生の感想(一部)
『離島医療を支えるために、様々な工夫を凝らした情熱ある3人の青年医師の行動力を
見習いたい。「助けたい」「痛みを和らげたい」という気持ちの前では、地理的な距離は無関係だ』 


漁船に乗ってさらに離島の加計呂麻島へ

加計呂麻島の集落の方々に集まっていただきました
健康チェックの様子
 

体脂肪測定

体脂肪測定を待つ方々

はじめての尿検査に奮闘する1年生たち 『がんばれ~』


健康チェックの後は、長寿の島のみなさんと
健康について懇談会

学生の感想(一部)
『実際に地域住民の方々と直接お話しして、地域医療にも少し興味が出てきた』
『ここでの方々がどんな生活を送りどういう人生を歩んできたかというお話を聞いた。
将来医師になったとき、病気だけでなく人を診るということをしないといけないと改めて思わされた』
『離島で生活することは不便だと決めつけてしまいがちだけど、そうではないこともある
と知り、地域の人が求めているものを知ることが大切だと思いました』
 


昨年は奄美が本土返還60年、奄美の歴史や
その当時を知る方々の思いを聞きました

学生の感想(一部)
『奄美の方々がどれだけ骨を折って、自分たちが医療を受けられるようにしたかを知り驚いた。
その努力を基に成り立っている今の離島の医療体制を絶えさせてはいけないと思った』


もちろんカヌーにも挑戦!

 
大学や学年、年齢や地域を超えた
学びと交流ができました♪